【 甘酒 】

Mrs.K
Mrs.K

みなさんこんにちは!ナニノム?@homeの Mrs.K です。

今回レビューするアイテムは日本に古くからあるノンアルコールでお米が原料の甘味飲料

そう、【 甘酒 】です♪

名前に「酒」が入っていますが、アルコール度が1%未満なのでソフトドリンクに分類されます。

私の甘酒の思い出といえば、お正月に神社で振る舞われるあったか〜い甘酒
しーん と冷え込んだ空気の中に 甘酒の湯気が立ちに登って、一口一口大切に飲んだ記憶があります。

なので、SAKEディプロマの勉強中に「甘酒は夏の風物詩」とあったときはびっくりしました。

確かに、栄養素が豊富で「飲む点滴」とまで言われていますから夏場に飲むのは理にかなっていますね。昔の人ってすごいなー!

今回は、3種類の甘酒を飲み比べてみます♪

森永製菓 甘酒

昔から変わらない赤いラベル 甘酒と言えばこのラベルを思い浮かべちゃいますよね♪酒粕と米麹が原料 紙パックやフリーズドライもありますが、今回は缶で買ってきました!というのも、やっぱりあったか〜い甘酒も飲みたいから!!
半分は冷やして、もう半分は温めて飲んでみますね。
サラッとしていて3種の中ではとろみは少なめ。香りから甘〜い優しい香りがあります!後味も長くあります。甘味が多くて誰からも親しみやすい味わいです。

八海山 麹だけでつくったあまさけ

新潟県魚沼の酒造メーカー 八海山が作る麹だけが原料の甘酒
蔵人の本気が伺えます。
グラスに注いでみるとつぶつぶが残っていてざらついた舌触りを想像しましたが、口に入れてみるとびっくり!溶けてなくなってしまいます。ほんのわずかな酸味があって、甘味は少なめ。全体のバランスがよくて、ゴクゴク飲める甘酒です

こちらも半分は温めてみたいと思います!

伊藤園 日本のスーパーフード 五穀の甘酒

先にレビューしたアイテムと違うところは お米の他に大麦・あわ・きび・ひえを使用していること 
原料が増えると味の成分も変わってくるのでより複雑な味わいが期待できるのでは?と思います。グラスに注いでみるとクリーム色で全然違いました!
香りは「玄米ご飯が炊き上がった香り」といとイメージしやすいんじゃないでしょうか。飲んでみると、とろっとした舌触り。ボリューム感といか、満腹感が感じられるような甘酒です!

GREEN SPOON

3種類を飲んでみて、はっきりと違いが表れていて面白いですよね♪レビューを見てお気に入りのアイテム選んでみてください!
さて、温めた甘酒はどうなったでしょうか?!

コメント

タイトルとURLをコピーしました